初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

フロスの正しい使い方

歯と歯の間の汚れは、歯ブラシで取り除くのが困難です。デンタルフロスや歯間ブラシを活用しましょう。とくにデンタルフロスは、幅広い人に推奨できる補助的清掃器具であり、その使用方法については正しく理解しておくことが大切です。そこで今回は、デンタルフロスの正しい使い方をわかりやすく解説します。

デンタルフロスの種類について

デンタルフロスは、「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」の2種類に大別できます。

ホルダータイプは初心者におすすめ

ホルダータイプのデンタルフロスは、持ちやすい柄が付属しているため、初心者の方におすすめです。手間がかからずすぐに使えることから、フロッシングを習慣化するのに役立ちます。ちなみに、ホルダータイプのデンタルフロスには「F字型」と「Y字型」の2種類があります。「F字型」は前歯に使いやすく、「Y字型」は奥歯の使用に適しています。

ロールタイプは安価で経済的

ロールタイプのデンタルフロスは、糸状のフロスを指に巻き付けて使用します。かなりコツがいるので、始めからロールタイプを使うのはあまりおすすめできません。もちろん、歯科医院でフロッシングの指導を受けた後であれば、上手に使えるようになりますので、初心者の方も挑戦してみてください。

ロールタイプは、ホルダータイプよりも安価で経済的です。デンタルフロスの取り扱いに慣れてきたら、ロールタイプを活用しましょう。そんなロールタイプのデンタルフロスには、「ワックスタイプ」と「ノンワックスタイプ」の2種類があります。ワックスタイプは繊維がワックスでコーティングされており、歯間部に挿入しやすいです。ノンワックスタイプは繊維がワックスで固められていないので、使用中に束がほつれていきます。一見すると、それは良くないことのように思えますが、汚れを効率良く落とすという点においては、有利に働きます。

ホルダータイプのフロスの使い方

ホルダータイプのデンタルフロスの使い方は、至ってシンプルです。柄の部分を持って、歯と歯の間にフロスを挿入します。強引に押し込むと、歯茎を傷つける恐れがあるため、ゆっくりスライドさせながら歯間部へと挿入しましょう。フロスが中まで入ったら、前後、上下に動かして汚れを取り除きます。

ロールタイプのフロスの使い方

ロールタイプのデンタルフロスは、以下の手順で使用しましょう。

  1. 1. 1回の使用分のフロスを取り出し、指に巻き付ける
  2. 2. フロスを歯と歯の間に挿入する
  3. 3. フロスを上下に動かして歯垢を取り除く
  4. 4. フロスを横に動かしながらゆっくり取り出す

ロールタイプのフロスを実際に使う際には、もう少し具体的なコツが必要となりますので、まずは当院までご相談ください。定期検診やメンテナンスの際に、歯科医衛生士がわかりやすく指導します。

デンタルフロスを使う時の注意点

デンタルフロスをしようする際には、以下の点にご注意ください。

  1. ●  歯茎を傷つけない
  2. ●  歯科医師や歯科衛生士の指導を受ける
  3. ●  フロスが引っ掛かるなどの異常が見つかったら歯科を受診

ロールタイプのフロスを実際に使う際には、もう少し具体的なコツが必要となりますので、まずは当院までご相談ください。定期検診やメンテナンスの際に、歯科医衛生士がわかりやすく指導します。

まとめ

このように、デンタルフロスを活用するには、いろいろと注意しなければならない点があります。フロッシングに慣れるまでに少し時間がかかりますが、プラークフリーな状態を作る上で欠かすことのできないケアです。頑張って続けていきましょう。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ