初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラント治療の特徴や適応症について

皆さんは、インプラント治療についてどのくらいご存知ですか?おそらく、インプラントという名称を知らない人はいないことかと思いますが、具体的な治療の特徴や適応症については、なかなかイメージできないのではないでしょうか。そこで今回は、インプラントの治療の特徴や適応症について、基本的な知識をお伝えします。

失った歯を補う治療

インプラントはいわゆる“補綴治療(ほてつちりょう)”一種であり、失った歯を補うために行います。歯を失うことになった原因は、外傷や虫歯、歯周病など人によって異なりますが、大きな問題がなければ、いずれのケースでもインプラントを適応できます。これから抜歯する予定の歯も適応対象となります

人工歯根を顎の骨に埋め込む処置

インプラントの最大の特徴は、顎骨への人工歯根の埋入です。チタンで作られたネジ状の人工歯根を外科手術で顎の骨に埋め込みます。その上に上部構造と呼ばれる人工歯を被せることで、失った歯の機能と審美性を回復させることができるのです。

ブリッジや入れ歯との違い

何らかの理由で歯を失った際には、これまでブリッジや入れ歯といった補綴治療が第一に選択されてきました。どちらも保険が適用されるため、治療にかかる費用を安く抑えられるというメリットがあります。ただ、ブリッジは残った歯を大きく削らなければならない、入れ歯は着脱式の装置なのでズレたり外れたりするなど、それぞれに大きなデメリットを伴うため、トラブルや不具合に悩まされることも多かったのです。

その点、インプラントには人工歯根がありますよね。人工歯の土台となる歯根が存在するので、ブリッジのように両隣の支台歯を大きく削る必要はありません。また、顎の骨にしっかりと固定できるので、入れ歯のようにズレたり外れたりすることもなくなるのです。これは従来の補綴治療にはない、極めて重要なメリットといえます。

天然歯のように美しく、しっかり噛める

人工歯根によって固定される被せ物は、外れにくいだけでなく、見た目も天然歯のように美しいです。これはインプラントに余計なパーツが付随していないことに由来します。例えば、ブリッジも固定式の装置ではありますが、人工歯が複数本連なっており、設計や使用する素材によってはやはり目立ってしまうものです。入れ歯に関しては、金属製のクラスプがあったり、歯茎を覆う義歯床が不可欠であったりするなど、審美性に難点があると言わざるを得ません。

一方、インプラントは、人工歯根と人工歯、それらを連結するアバットメントから構成されており、外観はほぼ天然歯と同じです。歯根があることで、硬いものでもしっかり噛めます。なかなかイメージしにくいかもしれませんが、人工物であっても歯根があるかないかで、審美性・機能性にこれほど大きな差が生じるものなのです。

まとめ

このように、インプラントは失った歯を補う歯科治療です。人工歯根を埋め込む外科処置が必須となっており、不安に感じる人も多いかもしれませんが、その分、メリットも多い治療法です。そんなインプラント治療に関心のある方は、いつでも当院までご相談ください。インプラント治療の実績が豊富な当院であれば、さまざまな症例に対応することができます。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ