初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

小児矯正の相談に行く時期について

子どもが受ける小児矯正は、適切な時期に開始した方が治療によって得られる効果も大きくなります。

矯正を開始する時期はケースによって異なるため、専門家でなければ正確な判断を下せません。そこで重要となるのが矯正相談です。

今回はそんな小児矯正の相談に行く時期についてわかりやすく解説します。

 

気になる症状が認められた時点

小児矯正を開始する時期は、一般的に6歳前後です。大人の歯が生え始める時期であり、具体的な治療が必要となってきます。けれども、矯正の相談をする時期に関しては、もっと早くても何ら問題はありません。

例えば、骨格的な異常に由来する歯列不正や不正咬合は、早期に治療を始めなければ、症状を改善できないこともあるからです。ですので、ようやく乳歯列が完成する3歳前後であっても、歯並びや骨格に気になる点が認められれば、一度当院までご相談ください。

 

3~4歳から始める小児矯正もある

小児矯正で早期に治療を開始するケースとしては、受け口が最も一般です。上顎骨の成長が遅れて、相対的に下顎が前方へと突出してしまっている場合は、早期に対処する必要があります。

なぜなら、上顎骨の成長は6歳くらいで完了するため、一般的な小児矯正の時期に合わせると手遅れとなりやすいからです。そういう意味でも、矯正相談はできるだけ早期に受けた方が良いといえます。

 

矯正相談はあくまでカウンセリング

矯正相談を早い時期に受けると、治療も早い段階から始めなければならないと、不安に感じている親御さまもいらっしゃるかもしれませんね。

例えば、2~3歳で矯正の相談をして、治療を開始するとなると、子どもへの負担が大きくなりそうでなかなか一歩踏み出せないというケースもあるかもしれません。その点は、ご安心ください。矯正相談はあくまでカウンセリングです。お子さまの歯並びやかみ合わせ、骨格の異常などを相談する場です。矯正医は投げかけられた質問や疑問にお答えするだけです。

もちろん、具体的な治療法のご提案や検査のご案内もするかもしれませんが、それらを受けるかどうかは、患者さまご自身に判断いただきます。ですから、小児矯正の相談は、気軽に受けていただいて何ら問題ありません。

 

歯並びに関する正確な情報が得られる

小児矯正の相談を受ける最大のメリットは、正確な情報が得られる点です。昨今、インターネット上には矯正に関する情報が溢れていますが、一般的な内容にとどまっていることがほとんどです。あるいは、誤った情報を掲載している場合もあるでしょう。

矯正歯科で相談を受ければ、正確な情報が得られることはもちろん、それぞれのケースに最善といえる治療法を見つけることができます。これはお子さまの発育において、非常に重要な点といえます。

 

予防矯正という考え方

子どもの矯正は「予防矯正」という観点から治療を実施することもあります。歯並びに乱れがあると、清掃性が低下し、むし歯・歯周病のリスクが上昇します。その結果、口腔周囲筋の発育が妨げられ、お口の機能のみならず、全身の健康にも悪影響を及ぼすことがあるからです。

そのため、できるだけ早期に矯正の相談を受け、適切な時期に治療を開始することを推奨しております。予防矯正を実施することで、本格矯正の期間短縮や費用の軽減にもつなげることが可能です。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ