初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

ORTHODONTICS 矯正歯科(歯並びが気になる)

歯並びを整えて
健康で美しい歯を保ちましょう

矯正歯科は、歯並びを整える治療です。見た目の美しさを求める治療だと思われる方も多いのですが、歯並びが悪いことのデメリットは見た目だけに限らず、さまざまな問題を引き起こします。歯並びを整えることでこれらの問題を解決することができ、お口の中を清潔に、健康的に保つことが可能です。当院では患者様のお悩みに寄り添い、適切な治療法をご案内しています。このページでは、歯並びにまつわるさまざまな事象について説明していますので、お心当たりのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

歯並びが悪いことのデメリット

歯並びが悪いと=見た目が悪いと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
しかし、歯並びが悪いと、歯磨きがしにくくなって虫歯や歯周病のリスクが高まったり、噛み合わせが悪くなって顎関節症などを発症しやすくなったりします。次のような症状がある方は、矯正治療によって解消できるかもしれません。

CHECK こんな症状ありませんか?

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 汚れがたまって口臭が起きやすい
  • 見た目が悪い
  • 滑舌に悪影響
  • 顎関節症のリスクが高い
  • 噛み合わせが悪く
    歯を炒める原因になる
  • 肩こりなどの原因となる可能性がある

METHOD 矯正治療の方法

  1. Bracket correction
    ブラケット矯正

    ブラケットと呼ばれる金属のボタンのような装置を歯に直接貼り付け、ワイヤーで繋いで歯並びを整える方法です。装置が金属色のため、見た目が目立つ、装着中は違和感がある、歯磨きが難しいなどのデメリットがありますが、もっとも一般的な治療法で、あらゆる症例に対応可能です。

  2. Aesthetic bracket correction
    審美ブラケット矯正

    ブラケット治療のうち、透明や歯と同じようなセラミックやプラスチックで作ったブラケットを用いる方法です。ブラケット治療のメリットはそのままに、見た目の変化を最小限に抑えることができます。ただし、素材の強度の問題で、金属ブラケットよりもわずかに違和感が大きいというデメリットがあります。

  3. Mouthpiece correction
    マウスピース矯正

    決まった時間マウスピースを装着していただく治療法です。ブラケット矯正に比べて、適用となる範囲が狭く、決まった時間装着していただかないと効果が出ないといったデメリットはありますが、薄い素材のため違和感が非常に少なく、見た目の変化もほとんどないというメリットがあります。

  4. Pediatric correction
    小児矯正

    小児矯正は乳歯が残っているお子様が適用となる治療法です。幼い頃から矯正治療に取り組んでいただくことで、歯を抜かずに歯並びを整えることができる可能性を高めます。

    小児矯正の詳細はこちら

矯正治療が必要な歯並び

上顎前突

上顎が大きく前に出たいわゆる出っ歯の状態です。下顎とのバランスが取れていないため、顔貌にも影響を与えていたり、前歯で食べ物が噛めないなど、機能的な問題も生じます。遺伝的要因や、幼児期の指しゃぶりが原因となることがあります。

下顎前突

下顎が前に出た、受け口の状態で、顔貌に影響を与えやすく、見た目にコンプレックスを抱く方が多い症状です。前歯で食べ物が噛めない、顎関節症になりやすいなどの問題が生じます。遺伝的要因や、おしゃぶりや口呼吸が原因と考えられています。

開咬

奥歯を噛んでも前歯が閉じない状態です。食べ物が食べられなかったり、唇が閉じられない、発音障害などの症状があります。顎関節症や頭痛、肩こり、腰痛などを発症しやすく、おしゃぶりや物を噛む癖などが原因と言われています。

叢生

歯並びがガタガタになっている状態で乱杭歯とも呼ばれます。顎と歯の大きさのバランスが取れておらず、矯正治療を希望する方の多くが悩まれている問題です。歯磨きが難しいため、虫歯や歯周病になりやすいため注意が必要です。

矯正治療の流れ FLOW

  1. カウンセリング

    まずはお悩みを伺い、矯正治療の内容を詳しくお話させていただきます。疑問や不安な点などがあれば、遠慮なくご質問ください。お話を聞いていただいた上で、矯正治療を希望される場合は、精密検査へ進みます。

  2. 精密検査

    歯型採り、レントゲン写真・口腔内写真の撮影、歯周病や虫歯の検査などを行い、どのような治療が必要なのかを考え治療計画を立てます。

  3. 治療計画説明

    検査結果を元に立てた治療計画を詳しくご説明し、希望される場合は同意書にサインをいただきます。

  4. 治療開始

    ブラケット治療の場合は歯に装置を装着し、マウスピース矯正の場合はマウスピースをお渡しして治療を開始します。歯を動かす動的治療の期間は月に1度程度ご来院いただき、経過を見ながら調整を繰り返します。

  5. 保定期間

    歯並びが整ったところで、歯の後戻りを防ぐための保定装置を装着していただき保定期間を儲けます。この期間は歯が元の位置に戻ろうとするため、しっかりと保定装置を装着してください。

  6. メンテナンス

    治療終了後はメンテナンスで経過を見ていきます。歯並びが良くなっても、虫歯や歯周病で歯を損なってしまうと、美しく健康的なお口を保てなくなってしまいます。定期的に歯科医院へ通い、歯を守りましょう。

見えにくいマウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

透明で薄いマウスピースを装着していただく治療法です。現在の歯並びとは少し違う形のマウスピースを装着することで、少しずつ歯を動かしていきます。取り外しができるため、食事や歯磨きに影響がないのが特徴です。

  • マウスピース矯正のメリット

    • 見えにくい

      透明なマウスピースを使用するため、装着していても、周囲に気付かれる心配はあまりありません。

    • 薄くて違和感が少ない

      素材が薄いため、違和感がほとんどなく、不快な思いをすることがほとんどありません。

    • 会話や食事に支障がない

      薄いマウスピースを使用するため、会話もいつも通りしていただけます。食事の際は外していただけるので安心です。

    • 取り外しできるので衛生的

      歯磨きや食事の際は外していただくことができます。歯磨きもいつも通りにできるため、衛生的です。

  • マウスピース矯正のデメリット

    • 装着時間が長い

      食事や歯磨きの時以外はずっと装着していただく必要があります。装着時間が短いと効果が現れません。

    • 歯を削る可能性がある

      歯が並ぶスペースを確保するため、歯の両サイドを歯に影響がない程度に削ることがあります。

    • 一部適用とならない歯並びがある

      歯並びの状態によっては、マウスピースの矯正だけでは対応できないことがあります。

前歯だけの部分矯正

部分矯正とは?

前歯の見える部分だけを整える治療法です。範囲が狭いため、費用や期間を抑えることができます。

  • 部分矯正のメリット

    • 治療期間が短い

      前歯部分は動きやすいため、治療期間が短くなります。

    • 費用を抑えられる

      治療範囲が狭いため、治療費を抑えることができます。

  • 部分矯正のデメリット

    • 噛み合わせは改善できない

      奥歯は治療範囲に含まれないため、噛み合わせを改善することはできません。

    • 一部適用とならない歯並びがある

      前歯部分の矯正だけでは、歯並びを改善できない場合もあります。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ