初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラントしてもMRIは受けられる?

インプラント治療では、顎の骨にチタンで作られた人工歯根を埋め込む必要があります。チタンは生体親和性に優れた素材ではあるものの、れっきとした金属です。そのため、持病などで定期的にMRI検査を受けている方にとっては、そもそもインプラントは受けられないものと思われがちです。今回はそんなインプラントとMRIの関係についてわかりやすく解説します。

インプラントを装着してもMRIは受けられます

結論から言うと、インプラント治療を受けた後でもMRI検査は受けることができます。なぜなら、人工歯根であるインプラントは、オッセオインテグレーションという現象によって顎の骨としっかり結合するからです。また、チタンはMRIの描画を乱す磁性体(じせいたい)でもないため、検査に支障が現れることもまずありません。ですから、標準的なインプラント治療を受けた場合は、問題なくMRI検査も受けられます。ただし、例外もあります。

マグネットデンチャーは要注意!

MRIの検査室には、原則として金属製品を持ち込むことが許されていません。これはMRI装置から強力な磁場が形成されており、周囲の金属を引き寄せる作用が働くからです。これまでMRI検査を受けたことがある方なら、事前に金属製のアクセサリーや時計を外すよう指示されることをご存知のことでしょう。

そこで注意が必要なのが入れ歯などの着脱式の装置です。インプラントでは、マグネット式の上部構造を採用しているケースでは、必ず事前に装置を取り外す必要があります。マグネットデンチャーの場合は、仮に装置を取り外したとしてもお口の土台の方に設置されている磁性体が検査に悪影響を及ぼす可能性もあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

火傷は大丈夫?

MRIの検査室に金属を持ち込んではいけない理由としては、もうひとつ“火傷のリスク”があるからです。タトゥーをしている人はMRIが受けられない、という噂が広まっているのもその理由からです。とくに色の濃いタトゥーには、金属成分が多く含まれていることもあり、ケースによっては発熱する場合もあります。ただ、ほとんどのケースで問題がないのが現実です。インプラントに関しては、顎の骨の中に埋め込まれているものなので、火傷のリスクは極めて低いといえます。そもそも銀歯などの詰め物・被せ物が問題とならないのですから、インプラントによってMRIが適応外となることもありません。

歯科用のMRIもある?

CTは医科以外にも歯科用の装置がありますが、MRIにはそのようなものはありません。お口の状態を調べるためだけに改良されたMRI装置は開発されていませんので、基本的に医科のMRI検査を受けることになります。

まとめ

このように、インプラント治療を行っても原則としてMRI検査は受けられます。インプラントは身体の中に埋め込む装置なので、いろいろ不安な点も多いかと思いますが、何か疑問や質問があれば当院までご相談ください。どんな質問にもわかりやすくお答えします。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ