初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

前歯のインプラント治療

インプラントはどの部位にも適応できる補綴治療ですが、前歯に関しては気を付けるべき点がいくつかあります。奥歯のインプラントよりも不具合やトラブルが生じやすくなっているため、その特徴については事前にしっかり把握しておく必要があります。今回はそんな前歯のインプラント治療についてわかりやすく解説します。

前歯は高い審美性が要求されますす

前歯は最も目につく部位であり、奥歯よりも高い審美性が求められます。そのため、インプラント治療によってどのような仕上がりが期待できるのかは、事前にきちんとイメージしておくことが大切です。

歯の色や形をイメージする

例えば、前歯1本だけをインプラントで補う場合、残った歯との調和が極めて重要となります。インプラントの上部構造だけを美しく仕上げても、歯列内で浮いてしまうことも珍しくないからです。前歯部のインプラントでは、そうした歯の色や形の調整がかなりシビアになります。ほんの少しの差で大きな違和感が生じてしまうこともある点にご注意ください

歯茎が下がることも想定する

前歯の歯茎はもともと薄いので、加齢に伴い下がる傾向にあります。ケアの状態が悪いと、歯周病などにかかって、歯肉退縮が起こることもあるでしょう。その結果、アバットメントや人工歯根がむき出しになってしまうリスクも存在しています。もちろん、失った歯茎や骨は再生治療などで回復させることも可能です。

前歯の骨は奥歯の骨より薄いです

前歯のインプラント治療の難易度が高い理由としては、顎の骨の厚みに違いが認められる点が挙げられます。奥歯の骨は硬くて厚く、しっかりとしているのですが、前歯の骨はもともと薄いです。人工歯根を埋入すると、顎の骨からはみ出してしまうケースもあり、事前の骨造成などが必須となることも珍しくありません。同時に、治療後のケアを怠ってインプラント周囲炎などにかかると、装置に不具合が生じやすくなるデメリットも伴います。

前歯のインプラント治療の痛み・腫れについて

前歯はデリケートな部分なだけに、治療に伴う痛みや腫れも強くなりそうなものですよね。けれども実際は、奥歯のインプラントと大差はありません。治療中は麻酔をしっかりと効かせますし、治療後の腫れ歯もお薬によって抑えられます。ただし、骨の厚みや量が足りなくて、骨造成などの特殊な外科処置を実施した場合は、術後の腫れが強くなる点にご注意ください。

治療期間中は仮歯が入ります

インプラントの治療期間は比較的長いので、治療中の見た目を気にされる方も多いことでしょう。数ヶ月間も前歯がない状態で過ごすわけにもいきませんからね。その点もご安心ください。最終的な人工歯である上部構造が完成するまでは、必ず仮歯を装着します。前歯に適応する仮歯なので、見た目にも配慮した造りとなっており、日常生活に支障をきたすようなことはまずありません。

まとめ

このように、前歯のインプラント治療は、奥歯にはない注意点がいくつかありますので、事前にしっかり理解しておきましょう。それでもなお疑問点が残るかと思いますので、気になる方はお気軽に当院までご相談ください。カウンセリングにてわかりやすくご説明します。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ