初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

入れ歯のトラブルに悩まされている方へ

今現在、入れ歯を使っていて、何のトラブルや悩みもなく、快適な生活を送っている方は極めて少ないことかと思います。というのも、大型で着脱式の入れ歯は、口腔において異物として認識されやすく、使用していく中でさまざまな苦労を伴うからです。そんな入れ歯にまつわるトラブルのほとんどは、インプラント治療で解消することが可能です。そこで今回は、入れ歯からインプラントに移行した場合に得られるメリットをわかりやすく解説します。

ズレる、外れることがなくなる

私たちが言葉を発したり、食べものをそしゃくしたりする際には、口腔周囲筋の複雑な動きを伴います。ですから、安静時にぴったり適合している入れ歯でも、運動時にはズレる、外れることも珍しくありません。どんなに精密に作った入れ歯でも、すべての動きに対応することは不可能なのです。その点、人工歯根を埋め込んで、顎の骨にしっかりと固定できるインプラントは、装置が日常的に脱離するようなことは決してありません。

硬い物でもしっかり噛める

入れ歯をお使いの方は、口にする食べ物の性状に関しても日々、気を遣っていることかと思います。例えば、おせんべいのような硬い食べ物は、入れ歯の安定性を大きく損なうことから、できるだけ口にするのを避けていることでしょう。あるいは、噛み方や噛む速度を工夫しながら、慎重におせんべいを食べている方もいらっしゃるかもしれませんね。そうした悩みも固定式のインプラントなら容易に解消できます。インプラントには人工歯根があるため、硬いものでもしっかり噛むことができるのです。

顎の骨が痩せていかない

食べ物をしっかり噛めるということは、顎の骨や筋肉の衰えを防ぐことにもつながります。天然歯のようにしっかりと噛むことができない入れ歯は、何年も使用していく中で顎の骨が徐々に痩せていきます。これは一種の退化現象であり、病的なものではないのですが、お口の健康にとっては有害です。

寝たきりの人の脚力は自然と衰えていくものですが、それを良しとする人はいませんよね。できればリハビリを行って寝たきりの状態を解消し、少しでも歩けるようにするのが望ましいです。これは極端な例え話ですが、入れ歯からインプラントに移行すると、それくらい良い影響が得られるケースもあるのです。

お手入れしやすい

インプラントのケア方法は、基本的に天然歯と同じです。歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどを使ってケアしていきます。一方、入れ歯はお口から装置を取り外して義歯ブラシで磨き、洗浄剤による化学的清掃も併せて行わなければなりません。当然、口腔内のケアも行います。それを面倒と感じる方には、インプラントをおすすめできます。

まとめ

このように、入れ歯とインプラントには実にたくさんの相違点が見られます。今回ご紹介した事例以外にも、入れ歯に関する悩みは多々あるかと思います。そんな合わない入れ歯を何とかしたい、インプラント治療に興味がある方は、お気軽に当院までご相談ください。入れにまつわるトラブル・悩みの解消法を一緒に考えていきましょう。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ