電話番号 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※火・水・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※火・水・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

電話番号 04-7170-8155

BLOG 医院ブログ

インプラントで歯茎が黒くなることはある?

銀歯を装着していると、歯茎が黒ずむことがあります。いわゆる“メタルタトゥー”が起こると、口元の審美性を害してしまうため十分な注意が必要です。そこで気になるのが金属製の人工歯根を顎の骨に直接、埋め込むインプラントですね。残った歯質に金属製のクラウンを被せる銀歯よりも歯茎への悪影響が強く現れそうなものですが、実際はどうなのでしょうか。今回はそんなインプラントで歯茎が黒くなるリスクについて、関デンタルオフィスが詳しく解説をします。

 

そもそも銀歯で歯茎が黒ずむのはなぜ?

銀歯で歯茎が黒ずむのは、金属イオンが溶け出すからです。銀歯はいろいろな金属が合わさった材料を使っており、安定性はあまり高くありません。唾液や食事の熱による刺激などを受けていく中で金属イオンの溶出が起こり、歯茎へと沈着していきます。

インプラントから金属イオンが溶け出すことはない?

インプラントの人工歯根に用いられるのは「純チタン」もしくは「チタン合金」です。これらは安定性が極めて高い材料なので、銀歯のような経年的な劣化はあまり見られません。そもそもインプラントの人工歯根はお口の中に露出しておらず、顎の骨に埋まっていることから、メタルタトゥーの原因にはなりにくいといえるでしょう。

インプラントも歯茎が黒く見えることもあります

上でも述べたように、インプラントは銀歯と同じメカニズムで歯茎が黒ずむことはまずありませんが、別の理由で歯茎が黒く見えるようになることはあります。それはインプラントの金属部分が露出した場合です。

例えば、アバットメントの部分に金属材料を使っている場合は、歯茎が下がったタイミングで黒く見えるようになります。それは歯茎自体が黒ずんでいるわけではありませんのでご注意ください。インプラント特有の歯周病であるインプラント周囲炎を発症した場合も症状によっては歯茎が黒ずんだように見えます。これは歯周病によって歯茎の血行が悪くなったり、出血が見られたりするためです。

インプラント以外で歯茎が黒くなる原因

普段から喫煙をする習慣がある人は、インプラントとは関係なく歯茎が黒ずむことがあります。それはタバコの煙による血流障害とメラニン色素の沈着が原因です。喫煙習慣は、インプラント周囲炎のリスクを大きく上昇させる原因にもなるため、可能な限り禁煙するのが望ましいです。ちなみに、土台や上部構造に金属イオンが溶出しやすい歯科用合金を使っている場合は、当然ですがメタルタトゥーのリスクが生じます。一般的なインプラント治療では、チタン合金やセラミックを使うものですが、例外もあります。

インプラントで歯茎の黒ずみを予防する方法

インプラントで歯茎が黒く見える主な理由は、金属パーツの露出と歯周病の悪化です。とくにインプラント周囲炎は、歯茎が黒く見えるようになるだけではなく、インプラントそのものを失う原因にもなるため、しっかりと予防する必要があります。インプラント治療後の歯周病を予防するためには、毎日のセルフケアを徹底すると同時に、歯科医院での定期的なメンテナンスも欠かさず受ける必要があります。そのどちらか一方でも怠ると、インプラントはあっという間に歯周病を発症してしまいます。

まとめ

今回は、インプラントで歯茎が黒くなる原因について、関デンタルオフィスが解説しました。インプラント治療では、銀歯によるメタルタトゥーのような症状が現れることはまずありません。ただし、インプラント周囲炎によってそれに類似した症状に悩まされることはありますので十分にご注意ください。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ