初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

ブリッジや部分入れ歯で悩んでいる方へ

歯を1本から複数本失ったケースでは、ブリッジや部分入れ歯で治療をする人が多いです。どちらも保険が適用され、治療期間も比較的短いことから、気軽に受けることができます。その反面、見た目や噛み心地に不満を感じる点も多く、ブリッジや部分入れ歯を選択したことを後悔する人も少なくないのです。今回はそんなブリッジや部分入れ歯でお悩みの方に、インプラントという第三の選択肢をご紹介いたします。

インプラントってなに?

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込む治療法です。失った歯を補う方法としては優れた面が多く、人気も年々高まっています。とはいえ、ブリッジや部分入れ歯とは何が違うのかは、正直よくわからないですよね。

人工歯根があると何が違う?

インプラントと従来法との決定的な違いは、人工歯根の有無です。当然ですが、ブリッジや部分入れ歯には、歯の頭の部分である「歯冠(しかん)」しか存在していませんよね。これが人工歯の見た目や噛み心地に多大な影響を与えるのです。そこでまず、ブリッジや部分入れ歯の欠点について考えてみましょう。

ブリッジの欠点

ブリッジには、以下に挙げるような欠点があります。

健康な歯を大きく削らなければならない

これは治療を行う際のデメリットですが、ブリッジの場合、支えとなる両隣の歯を大きく削らなければなりません。その量は、一般的な被せ物を装着するときとほぼ同じです。健康な歯の寿命が縮まるため、強い抵抗を感じる方も少なくありません。

顎の骨が痩せていく

ブリッジでは、歯の欠損部に「ポンティック」と呼ばれる人工歯を配置します。これには歯根の部分がありませんので、噛んだ時の力は顎の骨に伝わりません。そのため、刺激を受けなくなった顎の骨は、徐々に痩せていきます。

汚れがたまりやすい

ポンティックの部分には、汚れがたまりやすく、不衛生になりがちです。その結果、口臭が強くなったり、歯周病にかかりやすくなったりします。

部分入れ歯の欠点

部分入れ歯には、以下に挙げるような欠点があります。

着脱式なのでズレる、外れることがある

部分入れ歯を使っている方の一番の悩みは、装置がズレたり、外れたりすることですよね。入れ歯は着脱式の装置なので、これは避けることのできないデメリットです。

見た目が良くない

入れ歯には人工歯根がなく、周りの歯や粘膜に支えを求めることになります。そのため金属製の留め具であるクラスプが必要であったり、歯ぐきと接する部分である床(しょう)が大きくなったりして、見た目が悪くなります。

故障しやすい

入れ歯は故障しやすい装置です。床が割れたり、クラスプが折れたりするなどのトラブルに見舞われた方も多いのではないでしょうか。また、顎の骨が痩せるなどして口内環境が変化し、入れ歯が合わなくなるのも比較的早いです。

インプラントならこれらの問題を解決できます

上述したように、ブリッジや部分入れ歯にはさまざまな欠点がありますが、人工歯根を設置することによってその大半は解消できます。インプラントはそれだけ優れた治療法なのです。今回は、インプラント治療の詳細について割愛しますが、今現在、ブリッジや部分入れ歯でお悩みの方や失った歯をこれから治療する方は、まず当院までご相談ください。インプラント治療について詳しくご説明します。

まとめ

ブリッジや部分入れ歯は、保険が適用されるなど、利点もある治療法ですが、欠点も目立ちます。ですから、治療を選ぶ際には、それぞれの特徴をしっかりと見極めることが大切です。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ