初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラント手術の種類と方法について

インプラント治療には、必ず手術を伴います。顎の骨に人工歯根であるインプラント体を埋め込む外科処置で、手術の回数によって「1回法」と「2回法」の2つに分けられます。今回はそんなインプラント手術の種類と内容についてわかりやすく解説します。

インプラント手術で行うこと

インプラント手術では、主に「インプラント体の埋入」と「アバットメントの装着」を行います。インプラント体はチタン製の人工歯根であり、インプラント治療のかなめともいえるパーツです。これを安全かつ確実に顎骨へと埋入・定着させることが、インプラント治療において最も重要となるプロセスです。

人工歯根の埋入が成功しなければ、どんなにすぐれた人工歯を製作しても、治療自体が失敗に終わるからです。もちろん、それに続くアバットメントの装着も重要な治療プロセスであり、絶対に成功させる必要があります。そのため、現状のインプラント治療では、手術のプロセスを2回に分けるのが標準となっているのです。

インプラント手術の2回法

1回目は人工歯根の埋入

インプラント手術の2回法とは、その名の通り2回の手術で外科処置を完了させる方法です。1回目の手術はインプラント体の埋入です。顎の骨に穴をあけ、そこに専用のドライバーでインプラント体を埋め込みます。1回目の手術はそこで終了し、縫合糸で傷口を塞いでインプラント体が顎の骨に定着するのを待ちます。一般的な症例では、3~6ヶ月の治癒期間を要します。

2回目はアバットメントの装着

インプラント体が顎の骨に定着しているのを確認したら、2回目の手術を行います。アバットメントと呼ばれる連結装置を装着する手術です。施術部位をメスで再び開いて、人工歯根を露出させます。そこにアバットメントを装着したら手術は完了です。2回目の手術後は、アバットメントが露出したまま、歯茎の状態が安定するのを待ちます。1回目の手術のように傷口を縫合することはしません。その後は、歯の型取りを行い、上部構造を製作・装着してインプラント治療が完了します。

インプラント手術の1回法

インプラントの1回法は、人工歯根の埋入とアバットメントの装着を1回の手術で完了させます。手術回数を減らせることから、患者さまの心身にかかる負担を軽減することが可能です。ただし、1回法の適応範囲は2回法ほど広くはありません。顎の骨の状態が良く、人工歯根の埋入直後から安定した状態を保てる症例でなければ、適応が難しいのです。そのため、多くのケースでは、インプラント手術の2回法が採用されます。

インプラント手術は痛い?

これまで手術を受けた経験がない人にとっては、人工歯根を顎の骨に埋め込む処置に対して、強い不安や恐怖心を抱いているかもしれませんね。とくにインプラントオペに伴う痛みに課しては心配な方も多いことでしょう。その点はご安心ください。インプラント治療では、必ず施術部位に局所麻酔を施すことから、術中に痛みを感じることはありません。不安感や恐怖心が強い場合は、笑気麻酔や静脈内鎮静法などで気持ちを安定させることも可能です。

まとめ

このように、インプラント手術は回数によって2つに分けられます。手術の方法もそれぞれで少しずつ異なりますので、さらに詳しく知りたい方はいつでもお気軽に当院までご相談ください。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ