初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラントの被せ物が臭いのはなぜ?

インプラントは、虫歯にならない、その他の人工歯よりも寿命が長いなど、たくさんの利点を持った装置です。見た目も天然歯に限りなく近いことから、それほど念入りにケアしなくても大丈夫かな?と気を抜いてしまう方もいらっしゃいます。そうした中でインプラントの被せ物が臭いと感じたら要注意です。歯周病やインプラントの異常が疑われます。

インプラントは歯周病になりやすい

インプラントは見た目が美しく、虫歯にもならないため、多少汚れがついても問題ないように思えますが、歯周病にはかかります。なぜなら、インプラントを支えている骨や歯茎は、生きた細胞で構成された組織だからです。その点は天然歯と何ら変わりはなく、汚れがたまって細菌が繁殖すれば歯周病になります。しかもインプラントは、天然歯よりも歯周病になりやすいのです。

インプラント周囲炎に要注意

皆さんは「インプラント周囲炎」という病気をご存知でしょうか?これはインプラントの歯周病であり、発症すると一般的な歯周炎と同じような症状が現れますが、経過は少し異なります。通常の歯周炎よりも進行が早く、重症化する傾向にあるからです。というのも、人工歯根の周りには、歯根膜などの組織が存在せず、感染症に対する防御機構が働きにくくなっています。その結果、歯ぐきや骨の破壊が進み、口臭も強くなりがちです。そのため、インプラントの被せ物が臭い場合は、歯周疾患にかかっている可能性が高いといえます。

インプラントは汚れがたまりやすい

インプラントの被せ物が臭い場合、その周囲に汚れがたまっている可能性も考えられます。見た目は天然歯そっくりでも、インプラントはあくまで人工物です。とくに被せ物と人工歯根をつないでいる部分は特殊な構造をしており、汚れがたまりやすくなっています。そこで細菌が繁殖して、ニオイの物質を作っているかもしれません。

セメントの取り残しや装置の不具合にも注意が必要

インプラントの被せ物が臭う原因としては、その他「セメントの取り残し」や「装置の不具合」などが考えられます。被せ物を装着した際のセメントがはみ出て残っていると、そこに汚れがたまって細菌が住み着きます。被せ物を固定しているネジが緩んだ場合も汚れが停滞しやすくなり、臭いの原因となります。

インプラントの被せ物の臭いを改善・予防する方法

インプラントの被せ物が臭くなることを予防するためには、口腔ケアを徹底するのが一番です。お口の中が清潔であれば、汚れがたまらず、インプラント周囲炎にもかかりません。装置の不具合等は、専門家でなければ対処できないので、必ずメンテナンスを受けるようにしましょう。インプラント治療後も定期的に通院すれば、正しいセルフケアの方法も身に付きます。また、インプラントの不具合も早期に発見することができ、口臭の発生も予防できます。

まとめ

このように、インプラントの被せ物が臭いのであれば、何らかの異常が考えられますので一度、当院までご相談ください。原因に応じて適切に対処いたします。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ