初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

喫煙はインプラントに悪い?アイコスは?

喫煙は、身体にさまざまな悪影響を及ぼします。それは口腔も例外ではありません。とくに歯周病との関連が深いとされているタバコは、インプラント治療に悪い影響を与えそうなものですよね。今回はそんな喫煙とインプラントとの関連について詳しく解説します。

喫煙はインプラントにも悪い影響を与えます

結論から言うと、喫煙習慣はインプラントに悪影響を及ぼします。それはタバコの煙がもたらす口内環境への影響を考えたら明白ですね。

喫煙による口腔への悪影響

喫煙すると、タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素の影響で、歯茎の血流が悪くなります。血液による酸素や栄養素、免疫細胞の供給が滞ることから、歯周病のリスクが大きく上昇します。また、口腔乾燥を引き起こすことで口内細菌の活動が活発になり、虫歯のリスクも上がることでしょう。その他、タバコの煙に含まれるヤニが歯や歯茎に沈着して黒ずませるという悪影響も伴います。

歯周病はインプラントの天敵

インプラントは、歯根から歯冠まですべてが人工物で構成された装置であり、支えとなるのは歯肉・歯槽骨のみです。それらを着実に破壊していく歯周病は、インプラントの天敵と呼ばれています。喫煙習慣があると歯周病リスクは顕著に増加するため、インプラントを受ける予定の方、もしくはもうすでにインプラントを埋入された方は、可能な限り禁煙した方が良いといえます。それが難しい場合は、タバコの種類を変えるのも一つの対処方法となり得ます。

タバコの種類でインプラントへの影響が変わる?

タバコの種類は大きく3つに分けることができます。それは紙巻タバコと電子タバコと加熱式タバコの3つです。紙巻タバコは最も標準的なタバコの種類で、現在でも多くの方が利用されています。そして、上述したタバコによる悪影響は、紙巻タバコを想定している点にご注意ください。

電子タバコは悪影響が少ない?

電子タバコは、従来のタバコとは異なり、口腔や全身への悪影響が極めて少なくなっています。それは電子タバコが「タバコの葉」を使わず、リキッドと呼ばれる液体を気化させた際に生じる蒸気の味・香りを楽しむ嗜好品だからです。煙も発生しないからです。歯茎の血流を悪くするニコチンも一切含まれていません。そのためインプラント治療を受けた後でも電子タバコであれば喫煙による悪影響を最小限に抑えられるといえます。

加熱式タバコには要注意

最近、IQOS(アイコス)という加熱式タバコの人気が急激に高まっていますよね。もうすでに紙巻タバコからアイコスに切り替えた方も少なくないことでしょう。アイコスは従来のタバコと比較すると、口腔や全身への影響を減らすことはできますが、電子タバコほどではありません。というのもアイコスでは「タバコの葉」を使用しており、蒸気にニコチンが含まれているからです。歯や歯茎を黒ずませるタールも含まれている点に注意しましょう。蒸気を楽しむ形式だからといって、電子タバコほど悪影響が少ないわけではないのです。

まとめ

今回は、喫煙とインプラント治療の関連について解説しました。タバコの種類についても細かく言及しましたが、インプラント治療を受ける場合は基本的に禁煙した方が予後も良くなります。喫煙はインプラントの寿命を縮める主な原因ともなっていますので、インプラント治療後はもちろんのこと、インプラント治療を受ける前から禁煙することが望ましいです。禁煙することがどうしても難しい場合は、電子タバコのような代替え案を考えていきましょう。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ