初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラントのセメント合着とスクリュー固定について解説

インプラントは、人工歯根と人工歯(=上部構造)、それらをつなぐアバットメントの3つから構成される装置です。人工歯根は顎の骨との結合によって固定されますが、アバットメントと上部構造には異なる固定様式が採られます。具体的には「セメント合着」と「スクリュー固定」と呼ばれるもので、それぞれに違った特徴が見られます。今回はそんなインプラントの上部構造の固定様式についてわかりやすく解説します。

セメント合着について

セメント合着とは、文字通り歯科用のセメントを使って上部構造をアバットメントに固定する方法です。セメントはいわゆる“接着剤”であり、取り外すことを前提とはしていない固定様式といえます。

◎セメント合着のメリット

・見た目が自然で美しい
セメント合着の最大のメリットは「見た目が自然である」点です。一般的な差し歯・被せ物と同様、天然歯とほぼ同じ形に仕上げることができるため、残った歯と調和しやすいです。とくに高い審美性が要求される前歯のインプラントには適した固定様式といえます。

・型取りが簡便で、上部構造が作りやすい
セメント合着を前提とした上部構造は、型取りが簡便です。上部構造の形態の自由度も高く、理想に近い人工歯が手に入ります。数本のインプラントを埋入するケースでは、インプラント同士の平行性を保ちやすいというメリットもあります。

◎セメント合着のデメリット

・上部構造を外せない
セメント合着した上部構造は、特別な接着剤を使用しているケースを除き、原則として外すことができません。ですから、インプラント体やアバットメントが故障したり、インプラント周囲炎にかかったりした場合は、被せ物を壊した上で治療を進めざるを得なくなります。もちろん、治療後のセルフケアやメンテナンスをしっかりと行って、装置の故障やインプラント周囲炎を予防することができれば、大きなデメリットにはなりません。

スクリュー固定について

スクリュー固定とは、スクリュー(=ネジ)を使って上部構造とアバットメントをつなげる様式です。インプラント専用のドライバーを使ってネジを回転させれば、いつでも上部構造を取り外せます。

◎スクリュー固定のメリット

・メンテナンスや治療がしやすい
上部構造やアバットメントに異常が生じたり、インプラント周囲炎にかかったりした際の検査や治療がしやすいのがスクリュー固定の最大のメリットです。

・人工歯根へのダメージを軽減できる
スクリュー固定では、インプラントに強い力がかかった場合、ネジが緩むことで圧力が緩和されます。最も重要な人工歯根へのダメージを軽減できることは非常に有益です。

◎スクリュー固定のデメリット

・見た目が少し不自然になる
歯冠部のスクリューが付与されている部分は、コンポジットレジンで塞ぐことになるため、見た目が少し不自然です。また、コンポジットレジンは汚れや臭いを吸着しやすいだけでなく、経年的な変色・摩耗も起こりやすいため、噛み合わせに悪影響を及ぼすことがありますが、材料の交換は容易に行えます。

まとめ

今回は、インプラントの上部構造の固定様式について解説しました。セメント合着とスクリュー固定にはそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらかが絶対に優れているとは言い難く、ケースに応じて、最適といえる固定様式を選択することが重要です。そんなインプラント治療についてもさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院までご相談ください。当院はインプラント治療に力を入れている歯医者さんです。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ