初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3019:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

金属アレルギーがある人はインプラントできない?

インプラントは、身体の中に金属製のネジを埋め込む治療法なので、金属アレルギーを持っている人は始めから別の選択肢を検討しているかもしれませんね。歯の表面に被せる銀歯でさえ金属アレルギーを誘発することがあるのですから、顎の骨に埋めるインプラントとなると、より一層、そのリスクは高まりそうなものです。そこで今回は、金属アレルギーがある人のインプラント治療についてわかりやすく解説します。

銀歯よりインプラントの方が金属アレルギーになりにくい

始めに、皆さんの誤解を解いておきたいのですが、銀歯とインプラントを比較した場合、金属アレルギーのリスクは前者が圧倒的に高いです。これはそれぞれの装置を構成する金属に付いて知ると理解しやすいです。

◎銀歯はいろいろな金属が混ざっている

銀歯は、歯科用合金と呼ばれる材料で作られます。保険診療で使える歯科用合金は、金・銀・銅・パラジウム・インジウムなどで構成されており、その中にひとつでもアレルゲンとなるものが含まれていたら金属アレルギーを発症します。しかも、口腔内は湿度100%であり、食事の際には熱刺激にも晒されます。そうした過酷な環境の中で存在している銀歯は、金属イオンが溶出しやすく、金属アレルギーのリスクをより一層、高めてしまうのです。

◎インプラントは生体親和性の高いチタン製

インプラント治療で用いる人工歯根(=フィクスチャー)は、生体親和性の高いチタンで作られています。チタンのみで構成された“純チタン”が使われていることも多く、そもそもアレルゲンとなりにくい装置なのです。しかも、銀歯のように過酷な環境には晒されていませんよね。そんなチタンは、身体のもっと深い部分に埋め込むペースメーカーや人工関節の材料としても広く使われています。ですから、チタンの安全性というのは、医科の治療でも立証済みなのです。

どの金属にアレルギーがあるのか知ることが大切

金属をお持ちの人は、おそらく腕時計やネックレス、ピアスなどで症状が現れたのかと思います。もしかしたら銀歯が原因で金属アレルギーを発症している方もいらっしゃるかもしれませんね。そうした方は、ご自身がどの金属に対してアレルギーがあるのか調べることをおすすめします。ひと言で金属アレルギーといっても、人それぞれでアレルゲンとなるものが異なります。

◎皮膚科でパッチテストを受ける

金属アレルギーの有無やアレルゲンとなっている金属の種類は、皮膚科で受けるパッチテストで調べられます。腕や背中にシールを貼るだけの検査なので、心身への負担はほとんどかかりません。費用もそれほど高くはなく、気軽に受けることができます。そこでもし仮にチタンへのアレルギーが見つかった場合は、インプラント治療を諦めた方が良いといえます。現実的には、チタンアレルギーを持った人は極めて少なくなっています。とはいえ、検査によってそのリスクを判定できることは、安心感にもつながることでしょう。

まとめ

このように、アレルギーの原因となる金属は、それぞれの体質で異なります。金属アレルギーを発症した経験があるからといって、インプラント治療を諦めてしまうのはもったいないです。そもそもインプラント治療で用いるチタンはアレルゲンとなりにくい金属なので、金属アレルギーがある方でも受けられるケースが多いといえます。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ