初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラントのAll-on-4(オールオンフォー)

インプラントというと、失った1本の歯を1本の人工歯根で補う治療法と思われがちですが、実際はさまざまな応用法があります。その代表例がAll-on-4(オールオンフォー)です。オールオンフォーは少し特殊なインプラント治療なので、詳細についてあまり知らない方が大半かと思われます。そこで今回は、インプラントのオールオンフォーという治療法をわかりやすく解説します。

4本のインプラントで総入れ歯の上部構造を支える

オールオンフォーは、英語の名称で呼ばれているので、正直どんな治療法なのかイメージしにくいですよね。これを理解しやすいように説明すると、“4本のインプラントで総入れ歯に相当する上部構造を支える”治療法といえます。つまり、オールオンフォーは、すべての歯を失った、あるいはこれから抜歯する予定のケースが対象となります。この時点で標準的なインプラント治療とは大きく異なりますね。

総入れ歯と何が違うの?

オールオンフォーでも総入れ歯と同じような装置(上部構造)を製作しますが、人工歯根の有無という極めて大きな違いが見られます。従来の総入れ歯には人工歯根がないので、お口の粘膜に吸着させる形で固定します。これでは十分な安定性が得られませんよね。一方、オールオンフォーでは4本とはいえ、顎の骨に根付いた人工歯根が存在しているため、入れ歯がズレたり、外れたりすることはまずありません。また、通常のインプラント治療と同様、硬いものでもしっかり噛むことができます。

装置が小型で見た目も自然

従来の総入れ歯は、噛んだ時の力をバランス良く支えるために、それなりの大きさや厚みが必要でした。口腔内への吸着も考慮して、設計上さまざまな点に配慮しなければならず、装置がどうしても大型化してしまいます。その点、オールオンフォーは人工歯根が支えとなることから、入れ歯を最小限の大きさ、形に設計できます。その結果、上部構造の見た目が自然で、装着時の違和感・異物感も軽減できます。

インプラントの埋入本数を抑えられる

標準的なインプラント治療でも、すべての歯を失ったケースに対応できますが、人工歯根の埋入本数が多くなります。実際、片側の顎だけに6本や7本と人工歯根を埋め込むケースはありますが、それは患者さまの心身および経済面において、大きな負担となりますよね。オールオンフォーなら、基本的に4本のインプラントで上部構造を支えられるので、さまざまな負担を軽減できます。

まとめ

このように、インプラントのAll-on-4(オールオンフォー)ならすべての歯を失ったケースでも快適な入れ歯(上部構造)を装着できます。今現在、総入れ歯をお使いで、不具合やトラブルにお困りであれば、オールオンフォーを検討してみてはいかがでしょうか。オールオンフォーについてさらに詳しく知りたい方は、お気軽に当院までご相談ください。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ