初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

MENU
初診専門 050-7576-0730 再診受付 04-7170-8155

月~金 10:0013:30 / 15:3020:009:3013:30 / 14:3017:30
※月・火・木曜、午後は15:0019:0018:30最終受付)まで

BLOG 医院ブログ

インプラント治療を行う前に必要な検査とは?

インプラント治療には、人工歯根を顎骨に埋入するという外科処置を伴います。そのため、一般的な歯科治療では行わない検査も実施する必要があります。それは歯科用CTによる精密検査です。CT検査というと、大きなケガや深刻な病気にかかった際に受けることが多いため、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、インプラント治療を行う前に必要となるCT検査について詳しく解説します。

歯科用CTとは?

歯科用CTとは、医科で用いられているCTを歯医者さん用に改良したものです。お口の中や頭部を撮影するための装置なので、医科のものとは形態が大きく異なります。医科用CTとは、撮影方法や被ばく線量などにも違いが見られます。

歯科用CTの方が安全?

歯科用CTは、医科用CTよりも被ばく線量が少なくなっています。また、放射線が照射されるのは口腔周囲のみであり、X線による健康被害が心配な方でも安心して受けることができます。もちろん、医科用CTも安全性が確保された上で実施されるものなので、CT撮影によって健康が害されるということはまずありませんのでご安心ください。

インプラント治療にCT撮影が必要な理由

インプラント治療を安全かつ確実に実施する上で、歯科用CTによる撮影、精密診断は必須といえます。なぜなら、歯槽骨という限られたスペースにチタン製のネジを埋めなければならないからです。一般の歯科治療で行うレントゲン撮影では、顎の骨の状態を二次元的にしか把握できません。一方、歯科用CTなら三次元的な画像描出が可能となり、顎の骨の幅や深さ、奥行きまで正確に把握できます。

手術のシミュレーションが行える

CT検査によって得られたデータは、インプラント埋入手術のシミュレーションにも活用できます。インプラントを安全に埋め込む角度、深さ、位置などを事前に決定できるのです。これは安全なインプラントオペを実施する上で極めて重要な意味を持ちます。

インプラントオペに伴うリスク

インプラントオペには、必ずいくつかのリスクを伴います。最も注意すべきなのは下顎管(かがくかん)の損傷です。下顎管には下歯槽神経が分布しており、これを傷つけてしまうと、術後の口唇の麻痺が起こります。上の顎に関しては、上顎洞への穿孔という偶発症に気を付けなければなりません。上顎の歯のすぐ上には、上顎洞と呼ばれる空洞が存在しており、そこにインプラント体が突き出てしまう現象を意味します。
いずれもインプラント治療が失敗に終わるだけでなく、神経麻痺や細菌感染などの深刻な病態を招きかねないため、そのリスクは限りなくゼロに近付ける必要があるのです。その上で欠かせないのが歯科用CTによる精密な画像診断です。

まとめ

このように、インプラント治療を行う前には、種々の検査に加え、歯科用CTによる精密診断も必須となっています。歯医者さんによってはこのプロセスを省くこともありますが、インプラント治療の安全性や確実性を考えると、必須な検査となっています。そのため、当院のインプラント治療では、必ず歯科用CTによる検査を実施しております。

CONTACT

WEB予約 医院ブログ